Friday, December 30, 2016

写真集「天使の写真」を出版しました。

モデナの怪人、ガブリエレ・パシーニ紹介の撮影から始まったレオン編集部とのコラボ。 ひたすら昇り竜なガブや、他のイタオヤ達とひとつの時代を並走してきた事を思い返すだけでも、なんとも感慨深いものがあります。そして今回、僕の個人的なテーマだった天使像の写真シリーズを、「天使の写真 Portraits of Angels」なる写真集としてまとめるに至 りました。カバータイトルには金箔を施し、印刷も写真集専門チームが関わったと言う、こだわりのパワー本。このデジタル時代においても、写真を紙に印刷して「本」として残す事の意義を、最大限に活かした形と言って良いのだと思います。
 

しかし、「ちょい不良なイタオヤ」を専門とするレオン編集部と、「天使」の関連性とは、何なんすかね? 最も遠そうなふたつの要素が混じり合って、ひとつの書籍になったわけですが、、、お互い関係なさそうで、実は関連性があるんでしょうね。イタオヤを至近距離で観察するに、逆説的ですが、自意識過剰で人の目を気にしすぎていたら、スタイルに行き着くことさえできないのでは?と思うのです。時に迷惑でもあり時にチャーミングでもある無根拠な自信が内面から溢れ出ている彼らの秘密は、イタリアがカトリック大国であることと関連性があるように思うわけです。すなわち、遠慮なく「これが俺だ!」と自分の魂 を押し出してくることができるのは、、、最終的に自分の評価の一部を、人目ではない「何か」に委ねているからではないか?と言うこと。深い話でしょ? 要するに、天使などの見えない「何か」に、ジャッジを仰いでいる部分があるからこその、自信のある自己主張。そのベースの次に、流行(モーダ)やTPO(場所やイベント別のドレスコード)がノッテ くるのです。彼らも人を見ますが、他人への興味よりも自分への興味が強く、人を値踏みしてジャッジする感じが圧倒的に少ないんすよね。彼らのライフスタイル全てに通じる地中海の哲学と感じます。あくまで、僕の説にすぎないのですが、この自問自答は、まだまだ続けるつもりです。。。

で、11月には、ちらりと一時帰国して、いくつかイベントしてきました。

まずは、大阪の「阪急うめだ本店」のイタリアフェア。ここで仰天したのは、扇型の大階段がそのまま劇場にもなる古代ローマの都市遺跡の様なゴージャスな祝祭広場。なんとも哲学的な建築デザインですよね。イタリア発祥の楽器オカリナの演奏家やオペラ歌手の演奏会、ワイン講座、講演会など多目的に使われていました。ベネツィアガラスのアクセサリーや食後酒リモンチェッロなどの、アーティストや作り手50人近くのイタリア人が、 このイベントのためにわざわざイタリアから来日。会場を行き来してモノの背景や作り方を見せつつ、文化の交流を果たしていました。「物産展はよくあるけど、村祭りみたいなイタリアフェアーはここだけだぞ」と、参加していたイタリア人が申しておりました。なるほどね、単なる物産展なら、僕の写真集の居場所もないでしょうからね。とにかく、その広場の一角での写真集先行販売、写真展、サイン会、講演会をさせて頂きました。。。。イタリアから行くと違和感のない近めな人の距離感。関西人のコミュニケーションって、柔らかくこなれていて、良い感じの都会ですね。お客さまとの直接的な関わりを存分に楽しみました。



そして、「伊勢丹新宿本店メンズ館」チャーリー・バイスの部屋での、天使ミニ写真展とポートレート撮影会。普段は閉じられている特別な部屋を使わせて頂いたのですが、なんとも濃密な時間が流れていました。ミラノのファッションデパートのアドバイザーをインタビュー取材していた時に、脱線会話で「ISETAN」について随分と逆インタビューされた経験があったのですが、今回納得。あんだけトンがったセレクションで、あんだけの集客力、、、さすが「世界のISETAN」、突っ走っていますね。メンズファッションでは世界最先端を行っちゃってると思います。東京にしかない空間でしょう。最上階8階は、通好みの小物のフロアーで「イセタンメンズ レジデンズ」と名付けられ、世界からの選りすぐりの趣味性の高いアイテムが選びきられていて、一見の価値あり。写真集「天使の写真」は、そこで引き続き取り扱って頂いています! とにもかくにも、チャーリー・バイスの友人として、顔を並べられて光栄です。知的でロマンあふれるアプローチで、素敵なインタビューをしてくれました。
前編
http://chalievice.com/letter/1086
後編
http://chalievice.com/letter/1087




http://kaeruleon.jp/store/CategoryList.aspx?ccd=F1000195&wkcd=F1000011

ジローさんも、良い事言ってくれてますね。『これおかしいよ!だって、一番の天使、アナタが載ってないよ!』 ・・・流石ですね。。。そういえば、イタリア語で「愛しいもの」は、全て「天使」と呼ぶんですよね。例えワガママな女性や子供も「天使」と呼ぶのです!っていうか、天使って、そういうものでもあるのかも???
 

すべてを紹介できないのが残念なのですが、友人知人、または書籍を通じた新しい友人のSNSシェアなどにも感動。代表して、タニさんの投稿『エンジェルの美しさと神秘にこだわった、とても素敵な写真集です』ありがとうございます。「美しさと神秘」改めて言葉を与えて頂くと、写真集に命を吹き込んでくれた様に感じます。


 「Nスタ」などで活躍のTBS古谷有美アナも、エネルギッシュなエンジェル・スマイルで激励してくれました!!!ところで、「#みんみん画伯」で検索してみてください。インスタグラム経由のポートレートや花、カリグラフィー(西洋習字)を多用したプロ並みに 素敵なイラストが出てきますが、全て彼女の作。キラキラが溢れ出ていますね。そういえば、天使って、本当は天使像とか形のあるものではむしろなくて、ふわふわキラキラっとした「魂」みたいなものでもあると思うんです。花でもデザインでも絵画でも写真でも言葉でも踊りでも歌でも詩でもなんでも良いから、方法にこだわらずにキラキラを表現し ていきたいですね!Let’s express yourself!!! エンジェル・スマイルで、世界が満たされます様に!!!



そして、12月のクリスマス時期には、銀座5丁目の東急プラザ銀座のストラスブルゴにて、出版記念の展覧会をさせて頂きました。自分はミラノにいて、準備も任せきりでしたが、書斎に天使の写真を配置したような素敵な展示になっていたようです。人通りも多い外堀通りというところに面している路面店だそうです。足を止めて、店内で見てくださった方はもちろんのこと、通りすがりに「天使の写真」のウインドウディスプレイを撮影していた方々もいたそうです。 そんな報告を聞くと、多少なりとも天使を日本に届けられたという感触が得られたように思えます。
http://strasburgo.co.jp/floor/mens/news/2016/12/-portraits-of-angels.php


 写真書籍はアマゾンなどのネット書店のほか、全国の書店にて取り扱いになっています。
 https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%81%AE%E5%86%99%E7%9C%9F-%E4%BB%81%E6%9C%A8-%E5%B2%B3%E5%BD%A6/dp/4391149818

 次回は、「なぜ天使をテーマに写真を撮ってきたのか」と「月と天使の不思議な関係」に 関してアップしたいと思います!!!




ーWeb Leon イタリア日記から転載加筆させて頂きました。ー
http://www.leon.jp/blog/20161221_niki

Monday, August 15, 2016

サンティアゴ巡礼路 「歩くだけという、 究極にシンプルな旅」  


聖地サンティアゴへの巡礼。最古の記録は951年にも遡り、世界で初めて出版された旅行ガイドブックは「サンティアゴ巡礼案内」だったとされる。大ブームが起こった最盛期の12世紀には年間50万人が挑戦した記録があるそうだ。

1993年には、この巡礼路がユネスコ世界遺産に登録され、一度は廃れた巡礼路を再整備するキッカケとなった。東洋にはヨガなど、体を使った教えがある。それと似た様なモノは西洋にはないかと探していた時に、 女優シャーリー・マクレーンの著書「カミーノ」を読み、その存在を知った。その後すぐにパウロ・コエーリョの「星の巡礼」を読破。周りに経験者がいなく、巡礼の話を誰かに聞くこともできず、情報といえば、たった二冊の本しかなかったものの、旅情をかきたてられるには十分すぎる理由が揃った。


そして2004年の夏、意を決しすべての予定をキャンセルして断行。7月末の満月の日の早朝、スペインとの国境に近い、フランス、バスク地方の街サン・ジャン・ピエ・ドゥ・ポ ーを出発した。バックパックを背負い、カメラを携え、巡礼の証であるホタテ貝を身に着け聖地を目指し歩いた。


ピレネー山脈を越え、約1カ月掛け北スペイン約800kmを横断。巡礼中は高揚して、急に至福感に襲われたり泣きたくなる衝動を感じたりした。山では夏だというのに息が白くなるほど寒く、平野ではスペインの太陽に焼かれ脱水症状で倒れそうにもなった。この旅で初めて、カメラがこんなに重いものだという事を思い知った。道中には巡礼で命を落とした人々の墓碑が数多くあり、そのひとつに日本人のものがあったのが忘れられない。私は旅の最中、日本仏教の聖地である高野山の線香を毎日焚き、自分なりの祈りを表現し続けた。


大聖堂に到着できれば、さして難しいルールもなく、「歩くだけという、究極にシンプルな旅」。宇宙や地球に比べればあまりにも小さい自分が、万物とつながっている一体感。街で暮らす日常からは想像しえない感触を得ることができた。


スペイン北西にある聖地サンティアゴ・コンポステーラに到着した時は、その到達感の喜びもひとしおだったものの、巡礼の答えは、その道中ですでに見つけていた。巡礼を通し、聖なる存在は教会だけではなく、自然の中にもいることを実感し、到着前にすでに満たされた気分になっていたのだ。


巡礼中、ずっと自分につきっきりでいてくれる見えない存在を感じた。私はその存在を守護天使と呼び、ぶっ飛んだ対話を楽しんだ。もちろん、歩き疲れで、気が触れていただけなのかもしれない。ただ、その充実感はひれ伏したいほどに確かなものだったのだ。




Day 1 最初の難関ピレネー山脈。フランスとスペインの国境に十字架が。


Day 2 教会内に設けられた巡礼者専用のベットルーム。満員の日は寝袋で床に寝る。


Day 9 道中、様々なマリア像に出会う。信仰深い巡礼者は静かに祈りを捧げていた。


Day 14 巡礼の中盤は、緩い高低差がある平野。黄金色の麦畑が続く。


Day 15 同じようなリズムで歩く巡礼者とは仲間になる。
彼らの笑顔は旅の励ましとなった。
宗教的な理由での巡礼者はむしろ少数で、多くは夏の冒険として楽しむ。


Day 16 巡礼中は黄色い矢印に沿って歩く。この先には目的地の大聖堂がある。

Day 21 友人たちと語らいながらの巡礼も楽しいだろう。
ただ、不思議と一人で歩く静けさで、孤独を感じる事はない。


Day 28 聖地近くの森の中で、神々しい光彩の写真が撮れた。


Day 30 旅の終着点、サンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂。
カトリック三大巡礼地の一つとされる。

The Last Day 大聖堂内の巡礼達。それぞれの思いが交差している。
むせび泣く人の姿も見かけた。


雑誌「ローリングストーン日本版」2009年3月号に掲載したフォトエッセーを、加筆転載させた頂きました。








Friday, May 27, 2016

エルサレムで出会った白い光と、聖母マリア。


僕のスピリチュアルな旅は、20代の半ばで訪れたイスラエルから始まったのだと思います。「西洋美術や世界の政治を理解するには、まずは、歴史の交差点イスラエルへ行ってみるしかない!」実は、そんな好奇心だけが旅の動機だったのです。

古都エルサレムでは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地の距離感が想像以上に近く、ほとんど重なるように存在している事に驚きました。土地のエネルギーがよっぽど強いのでしょうね。例え宗教と言うモノが世界からなくなったとしても、根っからの永遠の聖地なのだと思います。物見遊山でそれぞれの祈りの場を訪ねて体感してみました。
 
宗教心もなく興味本位だったにも関わらず、どういうわけかキリスト教の古い教会で不思議な事が起こりました。聖母マリア像の近くにいたのですが、全く突然に、むせび泣く様に泣き崩れてしまったのです。柔らかで暖かな光に四方八方から包まれた様に感じました。
雲のようにフワフワで白く大きな存在と表現しても良いかもしれません。果てしない無限の愛との一体感が嬉しくて、すべての感情が吹き出していた感じでした。5分泣いていたのか1時間泣いていたのか時間の感覚もなく、後にも先にも、あのような100%の幸福感は味わったことがありません。そして、今までの人生のどんな旅も、その白い存在が一緒で、決して孤独ではなかった事も知りました。

巡礼地の教会というのは、たくさんの旅人が行き交うために騒々しく、清々しい雰囲気などありません。そんなザワザワした人々の動きを涙ごしに眺めながら、異次元の白い光の世界を同時に見ていました。矛盾なく二つの平行世界が同居していたのです。探し求めていたわけでもないのに、多分、僕はある種の神秘体験をしたのでしょう。

そして、当時住んでいたニューヨークのアパートに戻り、旅の白黒フィルムを現像してみて、また驚きました。聖母マリア像の額の第三の目が光り、目も涙で濡れている様にも見える、不思議で生々しい表情の写真が浮かびあがってきたのです。

聖堂内のろうそくの光などが、偶然に反射しただけなのだと想像します。撮影時は泣きじゃくっていたせいか、その反射に気がつかなかったのです。とはいえ、聖母マリア像の両目への光の反射が涙をためているような表情を演出し、別の光が額の第三の目のところでバッチリと反射していたことになります。そんな完璧な偶然は、そう簡単には起こらないはずなのです。その後、好奇心で似たような写真を意図的に撮ろうと何度も試みましたが、全く似ても似つかない写真しか撮れませんでした。

この白い光との出会いの体験をしてから一年以上、この出来事を誰にも話すことができませんでした。何をどう話していいのかわからなかったのです。そして、何年も後になって、その教会がエルサレム聖墳墓教会と呼ばれ、僕が号泣した辺りが、イエス・キリストが十字架で磔刑にされて亡くなったゴルゴダの丘とされている事を知りました。

聖母マリア像の写真ですが、額の第三の目のチャクラ周辺が光っているために、東洋の仏像のように見える事が長年気になっていました。西洋の聖母マリアでありながら、東洋の観音菩薩にも見える不思議な写真。実際は聖母も観音も、宗教を超えた世界では同じ存在なのかもしれません。ただ単に、西洋と東洋の女神の解釈の違いなのではないでしょうか。いずれにせよ、この写真の偶然を必然と捉え、いつかスピリチュアルな視点で、西洋と東洋の「橋渡し」や、様々な「際」を外していくような仕事がしてみたいと願うようになりました。

エルサレムへの旅行を境に、少しづつ異次元世界の存在を信じるようになり、人生の目的自体、ひっくり返ってしまいました。号泣した時に目の前にいた聖母マリアを、自分の人生のボスと思うようになりました。地球上のすべてに反抗したとしても、聖母マリアには従順でありたいと思ってしまうのです。
 
しかし、あの白い光は、何だったのでしょうか?聖母マリア自身?もしくは彼女から送られてきたメッセンジャーの天使だったのかもしれません。

この写真を見るたびに思います。一体、聖母マリアは僕に何を伝えたかったのでしょうか?